【UMIDIGI A1 Pro 】ベンチマーク・開封 レビュー リアは縦放射状の反射キラキラパネル

UMIDIGI A1 Proの実機がUMIDIGIからやってきたのでレビューします。すでにいくつかの日本のガジェット関連ブログでレビューされていますので、ちょっと出遅れ感はありますがよかったら見ていってください。

ご購入を検討されている方は価格情報を2日置きに調査していますので御覧ください。今のところ、UMIDIGI A1 Proの最安値はプラチナムカラーの99.99ドルで販売されていて、TOMTOPも99.99ドルに急に下げて仁義なき戦いを繰り広げている状態に!今後はどうなるかわかりませんが、今だったらGearBestかTOMTOPが一番最安値で、どちらで買うかは好みの色によって変わってきます。

2ページ目はこちら→UMIDIGI A1 Pro ベンチマーク・CPU遅いけどカメラは使える

中華系ネットショップ各社しのぎを削って価格競争していますので、価格情報をチェックしてぜひ最安値でゲットしてくださいね。こちら↓で価格情報見れます。

UMIDIGI A1 Pro 価格情報

UMIDIGI A1 Proの次に最近出たばかりのミッドレンジUMIDIGIスマホのUMIDIGI Z2 Proもついでに載せておきます。UMIDIGI Z2 Proは仕様も価格もまだ出ていない状態です。

UMIDIGI A1 Proのほうは現在(2018/5/28)TOMTOPがブラック・ブルーのお色が99.99ドルに、GearBestからはプラチナムが99.99ドルになっています。

100ドル切りで最新トレンドの18:9ディスプレイ・リアデュアルカメラ・DSDS(同時待受)なスマホはいまのところUMIDIGI A1 Proしかなさそうです。

ただSocがエントリーモデルのものなので、もたつきがあるので注意しましょう。このあたりは激安ということで許容できる方に向いています。

画像UMIDIGI A1 PRO MTK6739 1.5GHz 4コアイイUMIDIGI Z2 Pro Helio P60 2.0GHz 8コア嬉し嬉し嬉し
機種名UMIDIGI A1 PROUMIDIGI Z2 Pro
メーカーUMI959UMI1016
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

評価

低信頼 評価4.9:1人

Wish
 
13
8
2
64
2
OSAndroid 8Android 8
SocブランドMediaTekMediaTek
SocMTK6739 1.5GHz 4コアHelio P60 2.0GHz 8コア
メモリ3GB6GB
ストレージ16GB128GB
ディスプレイ5.5インチ(18:9)6.2インチ(19:9 ノッチ)
解像度1440x7202246x1080
画素密度293ppi402ppi
フロント カメラ500万画素 F値2.4デュアルカメラ
1600+800万画素
リア カメラデュアルカメラ
1300万画素
500万画素 F値2.0
デュアルカメラ
1600+800万画素
DSDS(3G+4G同時待受)
実測値Antutu:45654
Geekbench:Single 668 / Multi 1854
RAM:363.56
Memory:Read 153.07
カラー・バージョン表示
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

UMIDIGIスマホはこちら「中華スマホUMIDIGI スペック一覧」をご覧ください。

UMIDIGI A1 Pro 開封の儀

DHL 税関検査

久しぶりに税関で荷物をチェックされました。DHLから来ていて、UMIDIGIが送った時はダンボール箱の状態だったようですが、税関チェック後にDHLの袋に入ってやってきました。

DHLの担当者のチェックした人のサインなどが書かれています。↓

UMIDIGI A1 Pro 梱包 DHL セキュリティチェック

中のダンボール箱の宛名がきれいに剥ぎ取られていて中身を開封検査後、DHLのテープでもとに戻したあとがあります。↓

UMIDIGI A1 Pro 梱包 DHL

税関はランダムで荷物を選んで検査するようです。(自分の場合は海外から来る荷物が多いのでブラックリストに載っているのかもしれません・・・)荷物に問題なければ通過しますのであまり心配はありません。(中身に荷物が違法なものやコピー商品などは税関から出頭要請が来るのでご注意ください。)

化粧箱

いつもどおりのUMIなブラックに波の波紋のようなデザインの化粧箱。今回は丸い波紋でした。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 撮る

開封

開けると本体は保護ケースと保護シールが貼った状態でやってきました。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 開ける 表

ケースをと輸送用テープを剥がした状態の裏面。ちょこっと飛び出たデュアルカメラ・フラッシュ・指紋認証が縦に並んだデザインが最近のUMIDIGIスマホの共通デザイン。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 裏 シール取る

ケース

開けてケース・保護シートがついた状態↓ケースはスモークブラックで半透明。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 開ける

ケースの出来もかなりよくUMIDIGI A1 Proにピッタリはまりますが、スモークなので裏面のキラキラした反射が見れないのがちょっと残念。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 ケース

底面はちょっと穴がずれているけどまずまずなでき。

UMIDIGI A1 Pro ケース 下

リアカメラ部分も縦長にくりぬいてあります。

UMIDIGI A1 Pro ケース カメラ

付属品

本体の下に紙のパッケージ↓

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 取説

紙のパッケージの中には英語の取説とSIMピン。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 取説

その下にUSB Type-CケーブルとUSBアダプタ。USBアダプタはCタイプのコンセントプラグなので日本で使うには変換アダプタが必要です。

UMIDIGI A1 Pro 化粧箱 付属品

UMIDIGI A1 Pro 外観チェック

起動

UMIからUMIDIGIになって起動画面も変わったようです↓(画像左)起動後は初期設定の始まり、最初に言語選択で日本語にできます。

表面

ディスプレイ面は最近流行りの縦長でアスペクト比18:9ディスプレイでシャープ製、ディスプレイ角が丸くなっていて最先端仕様。

ベゼル幅

ベゼルはエントリーモデルでも流石に最新機で上下10mmほどと、左右は3.5mmほどしかありませんでした。

UMIDIGI A1 Pro ベゼル

  • 上下:側面金属約1mm+ブラックベゼル約9mm=約10mm
  • 左右:側面金属約1mm+ブラックベゼル約2.5mm=約3.5mm

見た目だけはハイスペックスマホと同じようになっています。

裏面

リアは保護ケース付けちゃうとほぼわからなくなりますが、縦放射状の反射で魅力的です。

UMIDIGI A1 Pro 裏 斜め

いくつかのスマホの裏面がこのような縦放射状の反射パネルで見慣れているかもしれません。たしかGalaxyあたりが最初に縦放射のパネル採用したような?

縦に伸びる光の線が非常に素敵です。

UMIDIGI A1 Pro 裏 縦

下から見てもこのとおり↓保護ケース付けたくなくなります。

UMIDIGI A1 Pro 裏 反射 ズーム

ライトの角度を変えて撮影してみました↓。

光が無いとあまり縦放射の反射は目立たなくなります。↓

UMIDIGI A1 Pro 裏 斜め UMIDIGI A1 Pro 裏 斜め2

カメラ

リアカメラはデュアルなのでボケ撮影も可能、ボケ具合はやはり低スペックスマホなので加工したわざとらしい感じが出てしまって、ボケ撮影重視の場合はやはりハイスペックなデュアルカメラ搭載のスマホを選んだほうが良さそう。

しかし、通常の撮影はもたつきもなくかなり良い画像が撮れるのでボケ以外だったら使えると思います。

UMIDIGI A1 Pro 裏 カメラ

側面

美しく仕上がったシルバーの丸みを帯びた側面で100ドル切とは思えない仕上がり。

UMIDIGI A1 Pro 金属

側面・裏面との仕上がりも完璧。

UMIDIGI A1 Pro 側面 ボタン UMIDIGI A1 Pro 側面 下

裏面縦放射反射と側面の鏡面シルバーが美しい見た目。

UMIDIGI A1 Pro 側面 SIM

リアカメラはちょい出っ張っているのでやはり常用する場合は保護ケース必要ですね。

SIMスロット・MicroSD

SIMスロットはGalaxyと同様に上側面に配置されていました。中華スマホにしてはちょっとめずらしい仕様。

NanoSIM2枚指しか、NanoSIM1枚+MicroSD1枚の仕様。

UMIDIGI A1 Pro SIMスロット 装着

UMIDIGI A1 Pro 使ってみた感想

99.99ドルの激安で販売されている流行のデュアルカメラ・18:9ディスプレイが特徴の中華スマホ。

エントリースマホなのでSocの速さは期待できないが、カメラももたつきなく撮影できるので通常使用、サブ機としては十分な性能。

大画面スマホ好きな方としては5.5インチと小さめなところがちょっと残念ですが、逆に小さいスマホが好きな方は小さいサイズで5.5インチの大画面なので選択枠の一つとしてよさそう。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. kinta より:

    こんにちは。嫌な暑い季節が来ましたね。
    UMIDIGIは機種よく出せますね。売れているのでしょうか?
    個人的にはZ2ProかUlefone T2 Proが欲しいですが早く発売してほしいです。

    • GO より:

      kinta様
      UMIDIGIは今キャンペーン中のようであちこちのサイトで宣伝してます。
      ミッドレンジだとUMIDIGI Z2 Proあたり面白そうですね。

コメントを残す