【5.9インチ中華スマホ】Huawei mate 9 MHA-L29 Kirin960 ライカ デュアルカメラ搭載 開封の儀 レビュー

5.9インチと標準的なスマホより少し大きめでファーウェイ初DSDS(3G+LTE同時待ち受け)可能なHuawei mate 9がおウチにやってきたのでレビューします。今回はお仕事の関係でLOVE(間の2文字が違います汗)に依頼されてやってきましたが勝手に開封して中身を見ちゃいます(汗)

こちらは久しぶりに日本で発売されているSIMフリー スマホでHuawei製なのでやっぱり中華スマホなのです(汗)日本のメーカーの日本製ってもうなくなってしまいましたね(泣)

Huawei mate 9は型番がMHA-L29と51090YMHの2種類?あるようです。

こちら↓がMHA-L29でAmazon.co.jpで10万円弱で売ってます・・・高い!

こちら↓は「51090YMH」という型番で現在は6万円を切るくらいの価格で売ってますね。

スペックを比べてみたけど?なにが違うのか分かりませんでした。51090YMHは日本向けなのかもしれません。

今回はMHA-L29のほうをレビューします。

Huawei mate 9 スペック

特徴はAndroid7、SocがKirin960でAntutu13万台、リアカメラがデュアルレンズで1200万画素+モノクロ2000万画素、5.9インチと珍しいディスプレイサイズです。

バッテリも4000mAhと結構大容量。

1台だと寂しいので下のほうで比べているHonor note 8もスペックに載せておきます。

画像Huawei Mate 9 Kirin 960 2.4GHz 8コアイイ嬉しHuawei Honor Note 8 Kirin 955 2.5GHz 8コアスキスキスキ
機種名Huawei Mate 9Huawei Honor Note 8
メーカーHuawei544Huawei402
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格調査価格調査Amazon Huawei Mate 9Yahoo!ショッピング Huawei Mate 9楽天市場 Huawei Mate 9価格調査Amazon Huawei Honor Note 8Yahoo!ショッピング Huawei Honor Note 8楽天市場 Huawei Honor Note 8
OSAndroid 7Android 6,EMUI
SocブランドHisiliconHisilicon
SocKirin 960 2.4GHz 8コアKirin 955 2.5GHz 8コア
メモリ4/6GB4GB
ストレージ32/64GB/128GB128GB
ディスプレイ5.9インチ6.6インチ
解像度フルHD(1920x1080)WQHD(2560x1440)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFT有機EL
画素密度373ppi445ppi
バッテリー4000mAh4500mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
1200+2000万画素
1300万画素
重量190g219g
サイズ 縦x横x奥行156.9x78.9x7.9mm178.8x90.9x7.2mm
SDMicroSD(最大256GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),800(6-19),850(5-26),1700(4-9)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),1900(2),2600(7),900(8),700(28),800(19-20),1800(3),850(5-26),700(17-12)2100(1),2600(7),1800(3)
実測値Antutu:96998
Geekbench:Single 1817 / Multi 5133
RAM:12273.82
Memory:Read 160.25/Write 78.15

備考・特徴[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz
レビュー
評価

★評価

★評価

評価

評価3.8:1人

Feel 表示
Wish
15
47
34
51
152
43

その他のHuawei機はこちら「中華スマホHuawei機種 スペック一覧」をご覧ください。

Huawei mate 9 開封の儀

化粧箱の状態

日本で購入したものなので化粧箱もピカピカ!専用のビニールに包まれていました。

Huawei mate 9 化粧箱の状態 ビニール付き

キレイな箱で下にライカのアイコンもあってステキです。  Huawei mate 9 化粧箱 表

Huawei mate 9 化粧箱 裏

開封

パカっと、キレイな箱の中に白いスマホ本体。「HUAWEI DESIGN」とそこかしこに金文字で書いてあります。

Huawei mate 9 化粧箱 開ける

本体裏面、シルバーが反射してキレイな画像が撮れなかった。

Huawei mate 9 化粧箱 あけて本体裏

保護フィルム1枚貼ってないのがあって、もう一枚は本体に貼ってあるけど邪魔だなぁ、

Huawei mate 9 本体 ディスプレイ消灯

付属品

下には付属品の箱が2つ。

Huawei mate 9 付属品

ハードなケースとUSBアダプタ・USBケーブル・イヤホン・SIMピン・取説・MicroUSB→USB Type-C変換アダプタがあります。

Huawei mate 9 付属品 全部

今回は日本で買ったもので取説なども日本仕様になっていました。

Huawei mate 9 付属品 取説・保証書

USBアダプタ

5V2AのUSBアダプタ

Huawei mate 9 付属品 5V2AのUSBアダプタ

MicroUSB→USB Type-C変換アダプタも付いている。

Huawei mate 9 付属品 MicroUSB→USB Type-C変換アダプタ

付属のケース

ケースを装着してみました。

Huawei mate 9 付属品 ハードケース

裏面はカメラ以外を保護して、側面は四隅を保護してくれるケースです。Honor note 8の保護ケースとは形状が違います。

Huawei mate 9 付属品 ハードケース 表

裏面半透明で側面の四隅は透明なのであまり目立たないのでケース嫌いな人もこのまま使い続けられそう。

Huawei mate 9 付属品 ハードケース 裏

取説

取説が全部日本語なのが地味にうれしい。

Huawei mate 9 付属品 取説 日本語1 Huawei mate 9 付属品 取説 日本語2 Huawei mate 9 付属品 取説 日本語3 Huawei mate 9 付属品 取説 日本語4

保証書も付いてるけど販売店のハンコが無いので保証受けられるかな?

Huawei mate 9 外観チェック 特徴・機能説明

起動

Huaweiのアイコンがしばらくキラキラして、EMUIのアイコンに変わります。

起動したら初期設定が待ってました。初期設定の様子は次の記事で書きます。

Huawei mate 9 起動 初期設定 最初に日本語選択可能

表面

Huawei mate 9 表面

初期設定終わったら最初から日本語表示でやっぱり安心感あります。

5.9インチのディスプレイで標準的な5.5インチよりも大きめなディスプレイを希望されている方に合いそうです。

他機種とのサイズ感は後で撮影して比べたものを載せてみますが、Motorola Moto Zと同じくらいの大きさで、Xiaomi Mi Mixより少し小さいくらいでホントに5.9インチあるのか疑いたくなるようなサイズ感

ディスプレイサイズが標準より少し大きい以外は普通のハイスペックスマホです。

Huawei mate 9 表面 上から

ベゼル幅

ディスプレイの表示されない黒い枠はHonor note 8よりも幅がなかったが1.5mmあった。表示されない部分が無ければスゴイ見た目になるんだけど、現状だとイマイチです。

  • 上:側面金属約1mm+プラパッキン0.5mm+白ベゼル約8.5mm+表示されない部分約1.5mm=11.5mm
  • 左右:側面金属約1mm+プラパッキン0.5mm+表示されない部分約1.5mm=3mm
  • 下:側面金属約1mm+プラパッキン0.5mm+白ベゼル約12mm+表示されない部分約1.5mm=15mm

裏面

Huawei mate 9 裏面 斜め下

デュアルカメラ左がフラッシュで、右にはライカのSUMMARIT-H 1:2 2/27 ASPHセンサーでP9にも搭載されていたセンサー、背景ぼかしとかワイドアパーチャとかで活躍するセンサーですね。

デュアルレンズの上の小さな穴のようなのがNFCセンサー、上部右側にあるのが赤外線センサーでリモコンにもなる。

裏面と側面部分の角はツヤあり面取り仕上げがしてあってキラキラして高級感アップしてます。

裏面の上下のパーツはUMI Superの構造に非常によく似ています。

UMI Superの形をいきなり結論からいうと、iPhone5Sに漢っぽさをプラスしたような出来のスマホです。 iPhone5Sのようなツヤがある面取りと裏面のヘアラインメタルが高級バイク(ハーレー)のパーツをイメージさせて高級バイク好き、メタリック好きな男性はかなりの確率で【グッ】ときます♪

Huawei mate 9 裏面・側面一体型のメタルに上と下にパーツを埋め込んだ構造

裏面・側面一体型のメタルに上と下にパーツを埋め込んだ構造になっている。上下のパーツは金属に見えるけどアンテナ・電波の関係で多分プラスチック製。

側面

側面は上下のシルバーヘアライン仕上げ。

SIMスロット・MicroSD

はい、いつもどおりSIM2枚刺しができてDSDSもできますが、1枚がMicroSD兼用なのでご注意ください。

Huawei mate 9 SIMスロット・MicroSD

この1枚兼用な仕様なんとかならんものなんでしょうか?SIMトレイを長くして3枚とも同時にさせるとかにしてほしい。

Huawei mate 9 SIMスロット・MicroSD 1枚兼用な仕様

リアカメラ

Huawei mate 9 デュアルレンズ

デュアルレンズとカメラアプリについてはこちら↓でHuawei P9でやってます。参考にしてくださいね。

ダブルレンズのスマホHuawei P9とXiaomi Mi5s Plusがおウチにあるのですが、はっきり言ってブツ撮りには背景ボケは要らないので結局レンズは1個しか使わず、ダブルレンズは使わず宝の持ち腐れ・・・ 他にはZTE AXON 7のカメラもなかなか良いのですが、丸っこいのが気に入らないのでこの3台の...

Huawei mate 9 と honor note 8を比べてみた

ほぼ同じようなデザインですが、よく見ると構造がやはりMateとHonorでは違うようです。

ハイスペックとミッドレンジかファブレットのデザインに若干の違いを出しているようです。

Xiaomiで言うとMi5sとMi MAXの違い、UMIで言うとUMI SuperとUMI Touchとの違いと同じようで、中国のメーカーはハイスペックスマホの場合は裏面上下のアンテナのパーツを埋め込み、ミッドレンジかファブレットの場合は上下のパーツは側面・裏面一体型の構造が多いようです。

Huawei mate 9 と honor note 8 裏面比較

現在は持ち歩くにはでかすぎるHonou note 8を主に使ってます。

Huawei mate 9 と honor note 8 裏面 平置き

Mate9:5.9インチ、Honor note 8:6.6インチとディスプレイサイズが大分違うので本体サイズも親子ほど違う。

仕上がりは上々で文句の付けようがない。文句は無いけど高級感があるのはやはりMate9のほうでHonor note 8上と下のパーツが別で簡易な構造になっている。が、全く問題ないレベルの完成度であとは好みの問題になりそう。

Huaweiのダメな特徴であるディスプレイの表示されない黒い枠が目立つ↓

Huawei mate 9 と honor note 8  ディスプレイ面 たてかけ

Mate9が表示されない黒枠約1.5mm、Honor note 8が表示されない黒枠約2.5mmとHonor note 8は発色が今までのスマホで一番キレイなんですが黒枠が2.5ミリもあって目立つ。

Huawei mate 9 と honor note 8  ディスプレイ面 たてかけ ズーム

Moto Z・Mi MIX・OnePlus3T・Xperia XZと並べてみた 

並べてみるとMoto Z:5.5インチ、Mate9:5.9インチ、Mi MIX:6.4インチとディスプレイサイズは違うものの本体サイズはあまり変わりない見た目。

Huawei mate 9・Moto Z・Mi MIX 裏面比較

Huawei mate 9・Moto Z・Mi MIX 裏面比較 ズーム

OnePlus3T・Moto Z・Mi MIX 表面比較

Xperia XZちゃんも乱入してきた。この子は自立できるところが最大の特徴、そのうちSonyからも自立しちゃってXperia㈱とかになっちゃったらどうしましょ(汗)

Huawei mate 9・Moto Z・OnePlus3T・Xperia XZ 表面比較

Xperia XZは後ほどレビューします。

Huawei mate 9 使ってみた感想

最大の特徴はライカのデュアルレンズですが他社もデュアルレンズ搭載しているのがあたり前になってきちゃったので特徴とは言えず、普通のハイスペックスマホ。

SocもKirin960のためかAntutu13万台で超ハイスピードではないので特徴とはならないかなぁ、でも13万台だったらまず問題なくサクサク動きますね。

日本仕様なSIMフリースマホなところが最大の特徴かもしれません。こちら↓のHuawei日本語サイトに特徴や仕様がありますので興味ありましたらご覧ください。

今回レビューしたMate9の型番MHA-L29はAmazon.co.jpで10万円弱とアマゾンで買う場合は他のハイスペック中華スマホと比べたらかなりな割高。

次回は中身を見ていきましょう。

さすが日本仕様なHuawei機です。技適マークもあるし細かい設定も日本仕様になっていました。

HUAWEI Mate 9 ライカカメラ搭載64GB 海外シムフリー MHA-L29   (Champagne Gold)

HUAWEI Mate 9 ライカカメラ搭載64GB 海外シムフリー MHA-L29   (Champagne Gold)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。