【中華スマホ】Xiaomi Redmi Note 4X 開封の儀 レビュー 初音ミクVarではないんです

スポンサーリンク

初音ミクとコラボしたバージョンがあるXiaomi Redmi Note 4XがGearBestからやってきたのでレビューします。

おウチに来たバージョンはドノーマルで普通のXiaomi Redmi Note 4Xで壁紙も初音ミクはありませんでした・・・壁紙くらい初音ミク入れて欲しかった。

Xiaomi Redmi Note 4X スペック

Xiaomi Redmi Note 4Xは普及型ミッドレンジスマホでハイスペックほどのスピードは必要なく、気軽に使える普通にスマホを使う方にピッタリで、160ドル前後なので日常的に使うには最適と言えそうです。

スペックはRedmi Note 4とほぼ変わらず、Socが違うのみです。

画像Xiaomi Redmi Note 4X Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアXiaomi Redmi Note 4 MTK6797 Helio X20 2.1GHz 10コア
機種名Xiaomi Redmi Note 4XXiaomi Redmi Note 4
メーカーXiaomi572Xiaomi391
キャリアSIMフリー
SIMフリー
GearBestクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

EverBuyingクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Wish
14
22
6
15
15
6
OSAndroid 6,MIUI8Android 6,MIUI8
SocブランドQualcommMediaTek
SocSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアMTK6797 Helio X20 2.1GHz 10コア
メモリ2/3/4GB2/3GB
ストレージ32/64GB16/64GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFTTFT
画素密度401ppi401ppi
バッテリー4100mAh4100mAh
フロント カメラ500万画素500万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素
重量175g175g
サイズ 縦x横x奥行151x76x8.4mm151x76x8.4mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.2
GPS
WiFia/b/g/na/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電MicroUSBUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)
備考・特徴CDMA 2000/1X BC0
TD-SCDMA B34/B39
TD-LTEB38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
TD-LTEバージョンのみ以下対応
CDMA 2000/1X BC0
TD-SCDMA B34/B39
TD-LTE B38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)

その他のXiaomi機はこちら「中華スマホXiaomi機種 スペック一覧」をご覧ください。

GearBestでの買い方

海外通販★GearBestでの買い方 送料無料で実際に買ってみて何日で届くか?クーポンもあるヨ
人柱というより・・・GearBestで欲しい物があったので買うだけですが(汗)せっかくなので実際にGearBestで商品を買って送料無料で送...

Xiaomi Redmi Note 4X カラー

初音ミク バージョンは限定なのでGearBestでは買えないようですヨ

初音ミク Var以外にも色・バージョンがいっぱいあるのでご注意ください。

今回来たのはメモリ3GB・ストレージ32GBでした。

3GB/32GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
CHAMPAGNE(シャンペン)  CHAMPAGNE(シャンペン)
PINK(ピンク)  PINK(ピンク)
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GREEN(グリーン)  GREEN(グリーン)
4GB/64GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
SILVER(シルバー)  SILVER(シルバー)
PINK(ピンク)  PINK(ピンク)
CHAMPAGNE GOLD(シャンペンゴールド)  CHAMPAGNE GOLD(シャンペンゴールド)
GREEN(グリーン)  GREEN(グリーン)
INTERNATIONAL VERSION 3GB/32GB
LIGHT GREEN(ライトグリーン)  LIGHT GREEN(ライトグリーン)

Xiaomi Redmi Note 4X 開封の儀

化粧箱の状態

段ボール箱に入ってやってきたので凹みはありませんが、表が薄汚れていました。

開封

いつものRedmiシリーズのお顔をしていますので特別目新しさはありません。

Xiaomi Redmi Note 4X 開封 表

裏面もXiaomi Redmiなよくあるタイプのカメラ下に指紋認証があります。

Xiaomi Redmi Note 4X 開封 裏

付属品

USBアダプタ・MicroUSBケーブル・SIMピン・取説と必要最低限の付属品。Xiaomiスマホはいつもこの付属品のみです。イヤホンがないので必要な場合はXiaomiのイヤホン買ってくれということなのでしょうか。

Xiaomi Redmi Note 4X 開封 付属品

5V2AのUSBアダプタ、USBケーブルはMicroUSB

Xiaomi Redmi Note 4X 開封 付属品 USBアダプタ

Xiaomi Redmi Note 4X 外観チェック 特徴・機能説明

起動

起動もおなじみのMIアイコンが出てきてすぐにロック画面になる。

表面

Xiaomi Redmi Note 4X 表面左斜

ディスプレイ下にホームボタン・戻る・マルチタスクボタンがプリントされていて画面をタッチするとボタンが光ります。

他の機種Redmi・Redmi Noteと同じ見た目なので新鮮味はないがベーシックで使いやすい形ということでしょう。

ベゼル幅

ベゼルも特に狭小というわけではなく、左右に2mmほどの白いベゼルがあります。

  • 上:プラパッキンと側面金属約0.7mm+白ベゼル約12mm+表示されない部分約0.8mm=13.5mm
  • 左右:プラパッキンと側面金属約0.7mm+白ベゼル約2mm+表示されない部分約0.8mm=3.5mm
  • 下:プラパッキンと側面金属約0.7mm+白ベゼル約14mm+表示されない部分約0.8mm=15.5mm

裏面

薄いゴールドメタリックな塗装で上中下と3つのパーツに分かれています。真ん中の上下にパーツがメタルで上と下はアンテナの関係でプラになっていました。この辺の構造はミッドレンジスマホによくある構造です。

Xiaomi Redmi Note 4X 裏面 斜め左

裏面は上からカメラ・フラッシュ・指紋認証、下のほうに「MI」アイコンがプリントされています。

2016年後半~2017年前半のRedmi/Redmi Notoはこの構造か縦長のデュアルカメラか左上にカメラがあったり、もうデザインも行き着くとこまで行ってしまった感があって目新しさが無いのですがコレが一番使いやすいベージックなデザインなのだと思います。

上下のパーツの区切りのラインやカメラのフチ、指紋認証のフチがツヤがあってキラリと光って多少高級感があります。

Xiaomi Redmi Note 4X 裏面 斜め右

メタル塗装なので光のあてかたによって大分表情が変わります。

Xiaomi Redmi Note 4X 裏面 下からのアングル

側面

側面からよく見るとディスプレイ面のプラパッキンが側面パーツから盛り上がっていて少し不格好。中華タブレットやミッドレンジ中華スマホによくあるタイプの構造です。

細部

表面は2.5D曲面ガラスですが、側面と表面の角にしっかりプラスチックパッキンが挟んであって表面が側面より少し上に飛び出た構造。

Xiaomi Redmi Note 4X 表面左した角

裏面上下のパーツと区切りのラインはメタル塗装をしてありますが、プラスチック製で見た目若干のプラ感がする。

Xiaomi Redmi Note 4X 側面下 仕上がり

完成度はまったく非の打ち所がない領域です。

Xiaomi Redmi Note 4X 側面上 イヤホンジャック

SIMスロット・MicroSD

デュアルSIMでMicroSIM・NanoSIM構成、NanoSIM側がMicroSDと兼用のトレイになっている。

Xiaomi Redmi Note 4X SIMトレイ

今年あたりにそろそろMicroSDとSIMを兼用にするのをやめて独立させてほしいところ。

Xiaomi Redmi Note 4X SIMトレイ 出す

Xiaomi Redmi Note 4X 使ってみた感想

初音ミクバージョン以外は特にこれといった特徴はありません、普通のミッドレンジ中華スマホなRedmi Note(Noteは5.5インチモデル)シリーズの一つです。

ノーマルなRedmi Note 4とくらべてもスペックはほぼ同じでSOC(CPU)のみ違うのでQualcommのSnapdragon 625を選ぶなら【4X】Antutu6万台、MediaTek Helio X20を選ぶなら【4】Antutu8万台とSOCで選べばよさそうです。

メモリ・ストレージによって価格が違いますが200ドル切る値段で買えるのでかなりお得でしょう。

日本で販売されている同じSOCのスナドラ625を搭載しているASUS Zenfone3 3GB/32GBが4万円弱くらいなので、それと比べるとかなりお得な価格だと思います。

やはり日本でスマホを買うと最低でも3割増しくらいになるようです。まぁ、販売店も商売なのでそのくらい上乗せしないと商売にならないので仕方がないですね。一番良いのは中国大陸に旅行して現地で買うのが一番安い。

gearbest Xiaomi Redmi Note 4X Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コア CHAMPAGNE(シャンペン)

Xiaomi Redmi Note 4X 3GB/32GB CHAMPAGNE(シャンペン)

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。