【Xiaomiスマホ】日本BAND全対応化♪プラスエリア化など、結果:完全対応不可

スマホ 改造・調査

Xiaomi機のBAND変更はみなさんだいぶ関心があるようで、詳しい方がコメントからアドバイスいただけて助かります。

Xiaomi機をお持ちでまだ前回までの作業をやってない方はぜひやっておいてからこのページに戻ってきてくださいね。

この記事は複数のページに別れています

Xiaomi機の問題である、というより中華スマホ全般の問題かもしれない、日本向けのBAND調整が出来てないので電波が入りにくい場合があるという問題。

ということで、個人個人でなんとかBANDを調整して電波が入りやすくすることが出来ないだろうか?という悩みをみんなで解決していこうという記事でした。

今回はその続き、この作業の目標はズバリ!

Docomo・Softbank・auの3つのキャリアが対応しているBANDを全て有効にすること!

現状では不可能に近いので、作業することで以前より少し電波を掴みやすくなったら成功!ということにしておいてください。

あと機種(アンテナのチップ?やSoc)によって対応しているBANDが違うようなので全てのBANDに対応するということは不可能かと思います。それと、ROMによってもどうやら違うようで、公式ROMのほうが対応するBANDが多いかもしれません。(詳しい方いたら仕組みなど教えてください。)

以下の作業をしても、文鎮化や逆におかしくなる確率が高いので、そのあたりは自己責任でお願いします。

今おウチにあるXiaomi Mi6とMi Max2で作業・検証しています。機種によっても対応しているBANDが違うようなのでご注意ください。

では見ていきましょう。

Xiaomi Mi6 SuperSU インストール

まずは前回説明してなかったMi6のSuperSUインストール。Mi6のここまでのXiaomi.eu ROM焼きの様子は以下をご覧ください。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ性能+Xiaomi.eu ROM焼き レビュー
ちょっと遅くなりましたが、BanggoodからXiaomi Mi6が来たのでレビューします。こちらはハイスペックXiaomiスマホとしては完璧なスペックなのですが・・・アレに真似しすぎていて個性が無いというかなんというか、Mi MIXのよう...

他のXiaomi機とほぼ一緒でTWRPの見た目が少し違うくらいです。

SuperSU ダウンロード

MIUI 8.6 - 7.6.15
Status: RELEASED - REUPLOADED 17/06/17 MI3WMI4W, MiNote 7.6.14 RELEASED DOWNLOAD WEEKLY DOWNLOAD STABLES Installation: Xiaomi devices: Install TWRP via...

SuperSU DL

SuperSU Mi6へコピー

Mi6をパソコンとつなげて、「内部ストレージ」の中に先ほどダウンロードしたSuperSUをコピーします。

SuperSU DL コピー

TWRP起動

前回の手順でTWRPは入っているので、再起動して、「MI」が表示されたら【ボリューム 上】+【電源ボタン】長押しするとTWRP起動する。

以下の通りにSuperSUをインストールします。↓

以上でMi6もSuperSUが入ってrootになることができました。

QToolを使ったBAND変更作業 続く

ここからは、BAND変更作業になります。

Xiaomi機をパソコンにつなげてQToolで接続した状態からの説明です。

こちらの作業はDIAGドライバで接続できたXiaomi機全般同じ作業になると思います。例としてXiaomi Mi Max2で作業しました。

Band Configを表示

Tools > Other > Band Config を選んで、BCCタブを表示させます。

Band config

BCCタブ↓開いたら、右上にある「Read」ボタン押す。

BCCタブ開いたらReadボタン押す

CDMA/GSM/HSPDA 書き込む

そうすると、前回の記事「BCC RFでCDMA・WCDMA・WLANのBAND設定書き込む」で書き込んだBANDにチェックが入っている状態になります。↓

(ちなみにWLANはWifi 5Gがつながらなくなるので全部チェックを外しましたら正常に5Gに接続できるようになりました。何故かは不明)

CDMA/GSM/HSPDA 書き込む

ちゃんと読み込めているようでしたら、「Read」の下にある「Write」を押して書き込みます。

「Write」ボタンを押すと60秒間の広告表示されるので、しばし待つ。↓

Writeボタンを押すと60秒間の広告表示

60秒経つと以下のようなアラートが出るので「はい」をクリックすると・・・また出る時がある。もう一度「はい」押す。↓

これで、CDMA・WCDMA・WLAN 書き込みできたようですが、Xiaomi機で対応してないBANDは無理っぽい。

LTEのBAND設定書き込む

同様にして、LTEのBANDも書き込みます。LTEのタブを選んで、「Read」ボタンを押す。

LTEのBAND設定書き込む

読み込んでよければ、「Write」ボタンを押して書き込みます。同様に60秒広告後アラートがでます。自分がやった時は先にアラートが出て「はい」を押したら60秒広告が表示された。↓

以上で作業は完了です。

・・・

ただ・・・Task Managerタブのログを見てみると、ほぼ書き込み失敗している様子(泣)

Task Manager

このログ↑Xiaomi Mi Max2の作業ログです。

次は検証していきましょう。

Xiaomi Mi Max2 のBAND検証(Xiaomi.eu ROM)

コメントで教えていただいたNetwork Signal Guruアプリを使って検証してみます。

Android Play Store

検証はドコモSIMを使っています。

Mi Max2の場合はSIM1(NanoSIM)にSIMを刺すと、なぜか音声電話が使えない?のでSIM2(MicroSIM)に刺して検証しました。自分のMi Max2だけSIM1で音声電話使えないのだろうか?SIM2に刺すと音声電話可能。

検証方法は、右上の点3つアイコンをタップして「Lock Bands」を選んでLTEかWCDMA(3G)を選びます。

この後はそれぞれLTE・3Gの結果を見ていきましょう。

LTE 検証

LETE Bands状態を見てみると、いくつかチェックが外れている箇所がありました。↓下画像左。これMi Max2で対応してないBANDなのかもしれません。

LTE Bands 初期状態

LTE Bands 初期状態

一応全部チェックいれてみたらアラート出る。↓

B1:2100の電波掴んでるのでチェック外すも?変わりなし。↓(泣)田舎だから他のLTE BAND掴めないのかな?

B1:2100以外で1個づつチェック付けていったけど、どうやってもB1:2100しか拾わない。田舎だからということにしておきましょう。

3G 検証

3Gの場合は最初に設定アプリで設定を変えておかないと検証できません。

設定 > SIMカードとモバイルネットワーク > SIMカードの設定 > 優先ネットワークタイプ

こちらで「3G優先」を選びます。(後ほどLTE優先に戻すことを忘れないでください。

これで検証していきましょう。

WCDMAは最初一瞬だけB8-900M GSMが表示(初期時接続sされて、あとは何をやってもB1-IMT 2100から変わりなかった。↓

BAND6はやはり・・・Mi Max2では対応しないみたいです(泣)

そもそも以下の4つしか表示されません。

ううん・・・やり方悪いのだろうか?

上記テストは

Xiaomi.eu ROMでMi Max2はSIM1スロットで音声電話使えない?

下画像左のようにSIM1にSIMカードをセットするとデータ通信・音声電話の両方とも使えなくなっていた。多分Xiaomi.eu ROMに変更したからだと思います。

SIM1に刺したら使えないので、SIM2に刺して検証しました。

Xiaomi Mi6 のBAND検証(Xiaomi.eu ROM)

QToolでBAND変更作業

Xiaomi Mi6でQToolを使った作業の上記とは違う部分のみ書いておきます。

BCC RF↓を見たら全部Enableになってたので書き込まずにいて、再度Mi6を接続すると、全部Disable・・・どういうことだろう?

Mi6 WCDMA QTool

2回目接続した時にもう一度書き込んでみた結果のログです。↓

Mi6 Task Managerログ2

LTE 検証 Mi6

Mi6のLTEはたくさん対応しているようです♪多分田舎だからB01:2100しかつかみませんでした。

3G 検証 Mi6

対応しているBANDが4つしかない、B5とB1をつかみました。

N様のMi6で検証した結果

やはりROMが違うのか?N様のMi6のBAND対応状況は良さそうです。

戻せなくなった!不具合出た場合!

N様に教えていただきましたが、NVRAMファイルを配布しているサイトがあるようです。

http://www.stkrom.com/2017/05/xiaomi-qcn-file-qualcomm-calibration.html

http://djawir.com/threads/99377/

ファイルのあて方は以下のページです。

307 Temporary Redirect

自分はまだ検証してないので追ってやり方など解説してみます。

取り急ぎなのでこちらも自己責任でお願いしますね。

結果:BAND対応は難しい。ROMによっても違うかも

Band Configの書き込みをしても、結果はあまり変わりないかもしれません。

ううん・・・どうやったらちゃんとBAND対応するのでしょう?もう少し調べてみます。

上記やり方が悪い場合はご指摘いただけると助かります。

今後もBAND対応状況について情報お待ちしておりますm(_ _)m

注記

中華スマホで日本国内のSIMを使うと技適違反の可能性があります。
当サイトは技適違反を助長するものではありません。
海外で使うことを前提にしています。お約束として中華スマホで日本SIM・Wifi・Bluetoothを使う場合はテストに留めて常用はしないでくださいね。

この記事は複数のページに別れています

コメント

  1. mas より:

    GO様
    あけましておめでとうございます。
    またQXDMにてバンド変更後の確認において
    前回と同じでバンド1とバンド3の狭間でCellMapperが今度はバンド21を捉えました。
    バンド19と同じで捉えるだけで接続できませんでした。
    多分、他のバンドはQXDMで変えてもただ電波を捉えるだけで
    中のプログラムやパラメータなどを変えてあげないと変わらないと感じました。
    LTE優先にしてプラスエリアに移動すると
    3>1>19(接続できないから電波の強い3Gのバンド6へジャンプ)となるみたいです。

    2016年8月のen miuiの掲示板ではMIUI6.10.20で
    Mi5で開放できたバンドは1 2 3 4 5 7 8 11 17 18 26 28 38 39 40 41との表記がありましたがMIUI9.1に変更は2017年11月で約一年の間があります。
    プラスエリア化もROM変更からのまた変更などいう
    面倒な作業をしなくても変更できるようになった事を考えると
    バンド19,21も差分を入れれば多分、動作すると考えます。
    また、長々すみませんです。
    GO様、今年も宜しくお願いします。

    • GO より:

      mas様
      あけましておめでとうございますm(_ _)m
      やはりQXDMを変えるだけではダメそうですね。
      ちょっと怖いので試せてませんがQXDMだけでなく日々精進様のページのようにやれば他のBANDも使えるようになる?
      http://goroneko2.exblog.jp/26091916/
      かもしれません。
      はぁい!今年もよろしくお願いします。

  2. mas より:

    GO様
    また実験してきました。
    Mi5のLTEのバンド19は入れたのですが認識していませんでした。

    バンド1とバンド3の狭間?でCellMapperがバンド19を捉えました。
    環境:田んぼの真ん中で障害物なし
    ドコモ速度別サービスエリアが多数、交わる所
    状況:車で走行中(約50km/h)
    CellMapperの表示がB3→BD19*→UNKNOWN→B1となります。
    その間の表示はLTEでした。
    GO様どう思います?

    • GO より:

      mas様
      実験ありがとうございます!
      一応LTEのバンド19つかめているみたいですね。
      そして、19もつかめなくなってLTEが圏外になってるみたいですね。
      貴重な実験ありがとうございます。助かります♪

  3. mas より:

    GO様
    バンド確認のアプリCellMapperを入れて再度、暗い山の中へ(怖かった(笑))
    プラスエリアにてバンド6を認識してましたし微弱ながらバンド5も認識してました。
    LTEのバンド19は入れたのですが認識していませんでした。
    やはりMIUI GLOBAL 9.1 STABLEを入れてから
    バンドを書き換えしてあげればプラスエリア化できるみたいですね。
    Mi6も同じように出来るかもしれませんね。
    GO様のMIUI9.1に変更したMIX2にてプラスエリアにてLTEバンド19を認識していればいいですね。
    来年,発売されるMi7もフルバンドになってくれないかな?
    長々、すいませんでした。

    • GO より:

      mas様
      怖い山へ実測ありがとうございます(^_^)
      来年もグローバルなハイスペックスマホはフルバンドになりそうですね。
      ただ、ミッドレンジ中華スマホは引き続きBandがあまり対応してない機種が出てきそうです。
      情報ありがとうございます!m(_ _)m

  4. mas より:

    GO様
    MI5にてXiaomi MIUI GIOBAL8のROMにてQXDMでバンドを書き換え→
    MIUI9変更→認識

    • GO より:

      mas様
      情報ありがとうございます!
      MIUI9にしたら対応するようになるのか?そのあたりよく分かりませんね。
      Mi MIX2はすでになにもしないで対応しているようでした。
      もう一度検証してみます。

      • mas より:

        GO様
        私の場合はROMの入れ替えなどをしていません。
        W-CDMA-B6とLTE-B21,B19,B28を追加したのみです。
        プラスエリア(山の中)まで移動して片手に携帯ともう片手にスマホ持ちながら歩いて
        電波状態や発着信を確認しました。(笑)
        MIX2もMIUI9に変えないと使えないと聞きました。

        • GO より:

          mas様
          MIX2はXiaomi.euに変えてMIUI9になりました。
          来た時はPlayストア無しの中華バージョンでしたが、アップデート繰り返してMIUI8からMIUI9.1にアップデートしました。
          MIUI9からBAND設定もちゃんと変更できるようになったのかなぁ、なってればより便利になりますね♪ 自分も確認してみます。

  5. ぴくる より:

    GO様
    皆様

    何度も何度もすみません。
    取りあえず初期化できました。
    modemst1(EFS) modemst2(EFS2)に情報が書き込まれていると言うことだそうです。
    EFS関係をDDによるバックアップから
    adb shell mkdir -p /sdcard/backup
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/DDR of=/sdcard/backup/DDR.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/fsc of=/sdcard/backup/fsc.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/fsg of=/sdcard/backup/fsg.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modem of=/sdcard/backup/modem.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst1 of=/sdcard/backup/modemst1.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst2 of=/sdcard/backup/modemst2.img”

    どうやら、modem領域からmodemst1 modemst2が出来ていると考えてDDで初期化
    (fastboot eraseはwrite protectedで無理でした)
    adb shell
    su
    dd if=/dev/zero of=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst1
    dd if=/dev/zero of=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst2

    これで直ったので、今後はどんどん変更してみることが出来ます。
    お騒がせしました

    • GO より:

      ぴくる様
      ご指導ありがとうございます!!m(_ _)m
      足りない情報提供で申し訳ございませんでした。
      自分もこれから精査してまとめて記事にしてみます。
      無事解決されたようで良かったです♪

  6. 日々精進 より:

    >出張から帰り次第に
    >二台を比べて探求します、
    >通話可能の方はグローバルRom、、
    >だめは、xiaomi.eu

    通話可能の方はグローバルRom 32Gモデル
    だめは、xiaomi.eu  64Gモデル
    それと、色々と漁っていると、ROM書き換えても設定はのこると書かれている方がいます、、
    となるとROMは関係ない????
    logから解明していかなければならないでしょうが情報がない。
    Mi5通話まで検証した人どれぐらいいるのでしょう??

    • GO より:

      日々精進様
      D様も他の方もROM書き換えても戻らない(汗)ようなので、
      ROMは関係ないところで書き換えてるようですね。何処だろう?
      ブートローダー?は関係ないですよね。

    • 日々精進 より:

      先ほど失敗をしてしまいました。
      #*#*4636*#*# で設定に入り、
      SIM1の優先ネットワーク設定を、LTE/TD-SCDMW/UMTSから、JAPAN BAND??
      LTE/WCDMAに変更、再起動、SIM認識せず、一度出して挿入、で認識、NETWAORK無しになり、
      設定を戻そうにも、今度は元に戻してもUNKOWNで、
      再起動その他繰り返しても変わらず、TWRPよりバックアップデータでリストア
      SIMの認識、その他元に戻り使用可能に。以前したBAND追加は反映されたままでした、
      多分、
      Qtoolのlogで
      DM NVI READ ~~ <> DM BAD SPC MODE、、の対応が先かな、
      どなたか教えてください、Beヨンドさん、お助を~~。

      • ぴくる より:

        日々精進様
        おそらく、LTE/TD-SCDMW/UMTSのままでないといけないかと思います。
        LTE/WCDMAだと、対応バンドがすくなすぎてNETWAORK無しになるのではないでしょうか?
        私は3Gしか現在電波を掴みませんがLTE/WCDMAですと同様になります。
        UMTSは、選択として必要と思われます

        最終的にはRFNVの移植がいると思われます。多分、、

        http://doroid.org/2016/11/10/moto-g4-play-add-lte-band-19/

        • 日々精進 より:

          ぴくるさん、ありがとうございます、昨日も色々Qtoolでやってみましたが、結果だめでした。
          もうわけわからない状態で、一旦置こうと思った次第です。
          おっしゃる様にRFNVの移植が一番の近道なのではと、、、
          因みにヤフオクでfomaプラスエリア対応済みで出ているが
          fomaプラスエリアで確認を取ってなければ、できてるの?と思ってきます。
          知人が買ってるので、検証に山に行こうかと言っていますので同行できたらして、
          私の物と比較してみます。

          • GO より:

            日々精進様
            こちらでNVRAMファイル配布しているようですので、コレを使って直せませんか?
            https://bey.jp/?p=52453#i
            自分はまだ検証してないので理解してませんが(汗)よかったら試してみてください。

  7. ぴくる より:

    GO様
    MAX2はどうやらEDLが出来ません。
    分解してテストポイントのショートが必要なようです。

    fastbootでのフラッシュでは元に戻りませんでした
    困りました。。。

    • GO より:

      ぴくる様
      マジですか!困りました・・・汗
      SIM1は自分のMi Max2もつながりません。コレってXiaomi.eu ROMの影響かと思いましたが、
      正規ROM焼き直すしかないのかなぁ、

      • ぴくる より:

        GO様
        DFSの書き込みの時に中央あたりにstandardとあります。そこをSIM0、SIM1に変更して同じように書き込むとSIM1 SIM2ともに3Gでは通信しました。
        EDLによるフラッシュじゃないとどうやらここの領域は書き換わらないみたいです。
        NVが書き込まれている領域はDFSで見られますし、Backupもとれました、、、する前にbackupしとけばよかったです。
        NVをファイルとして取り出しできるのでどなたかUPしていただけたら戻せるのですが、、、、泣きそうです

        • GO より:

          ぴくる様
          自分は今、Mi6とMi Max2でXiaomi.eu ROMに書き換えてしまいましたが持ってます。
          自分のバックアップでよければお渡しできますが、もうちょい詳しく教えていただければ、バックアップ取ってアップします。

          • ぴくる より:

            GO様
            どの様に、バックアップをとられてるか解りませんが、block毎なら以下の情報から
            /dev/block/mmcblk0p55
            /dev/block/mmcblk0p41
            /dev/block/mmcblk0p42
            とおもわれるのですが、、、
            EFSのバックアップツールが有るみたいで、これからチャレンジされる方はESFのバックアップは必ずしてください!
            oxygen:/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name # ll
            total 0
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 DDR -> /dev/block/mmcblk0p17
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 aboot -> /dev/block/mmcblk0p38
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 abootbak -> /dev/block/mmcblk0p39
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 apdp -> /dev/block/mmcblk0p13
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 bk1 -> /dev/block/mmcblk0p1
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 bk2 -> /dev/block/mmcblk0p9
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk3 -> /dev/block/mmcblk0p10
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk4 -> /dev/block/mmcblk0p12
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk5 -> /dev/block/mmcblk0p50
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk6 -> /dev/block/mmcblk0p51
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk7 -> /dev/block/mmcblk0p52
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bluetooth -> /dev/block/mmcblk0p47lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 boot -> /dev/block/mmcblk0p59
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cache -> /dev/block/mmcblk0p63
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib -> /dev/block/mmcblk0p30
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib64 -> /dev/block/mmcblk0p32
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib64bak -> /dev/block/mmcblk0p33
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlibbak -> /dev/block/mmcblk0p31lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 config -> /dev/block/mmcblk0p6
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cust -> /dev/block/mmcblk0p64
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devcfg -> /dev/block/mmcblk0p20
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devcfgbak -> /dev/block/mmcblk0p21lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devinfo -> /dev/block/mmcblk0p45
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 dip -> /dev/block/mmcblk0p48
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 dpo -> /dev/block/mmcblk0p3
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 dsp -> /dev/block/mmcblk0p54
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 frp -> /dev/block/mmcblk0p19
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 fsc -> /dev/block/mmcblk0p2
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 fsg -> /dev/block/mmcblk0p40
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 hyp -> /dev/block/mmcblk0p28
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 hypbak -> /dev/block/mmcblk0p29
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keymaster -> /dev/block/mmcblk0p34lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keymasterbak -> /dev/block/mmcblk0p35
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keystore -> /dev/block/mmcblk0p18
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 limits -> /dev/block/mmcblk0p7
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 lksecapp -> /dev/block/mmcblk0p22
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 lksecappbak -> /dev/block/mmcblk0p23
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 logdump -> /dev/block/mmcblk0p61
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 logo -> /dev/block/mmcblk0p53
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mcfg -> /dev/block/mmcblk0p44
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mdtp -> /dev/block/mmcblk0p57
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 misc -> /dev/block/mmcblk0p43
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modem -> /dev/block/mmcblk0p55
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modemst1 -> /dev/block/mmcblk0p41
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modemst2 -> /dev/block/mmcblk0p42
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mota -> /dev/block/mmcblk0p15
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 msadp -> /dev/block/mmcblk0p14
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 oem -> /dev/block/mmcblk0p62
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 oops -> /dev/block/mmcblk0p46
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 persist -> /dev/block/mmcblk0p58
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 recovery -> /dev/block/mmcblk0p60
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 rpm -> /dev/block/mmcblk0p26
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 rpmbak -> /dev/block/mmcblk0p27
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sbl1 -> /dev/block/mmcblk0p24
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sbl1bak -> /dev/block/mmcblk0p25
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sdi -> /dev/block/mmcblk0p11
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 sec -> /dev/block/mmcblk0p4
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 splash -> /dev/block/mmcblk0p56
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 ssd -> /dev/block/mmcblk0p5
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sti -> /dev/block/mmcblk0p49
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 switch -> /dev/block/mmcblk0p8
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 syscfg -> /dev/block/mmcblk0p16
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 system -> /dev/block/mmcblk0p65
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 tz -> /dev/block/mmcblk0p36
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 tzbak -> /dev/block/mmcblk0p37
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 userdata -> /dev/block/mmcblk0p66
            oxygen:/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name #

          • ぴくる より:

            GO様
            連投失礼します
            あと、EFS内のnv → item_files → rfnv
            こちらのデータがなんとなく壊れてしまったのではと思ってます。DFS等で取り出してzipなどで頂けたら感謝感激です

  8. 日々精進 より:

    二台のMi5(共にドコモsim2枚刺し)の1台がBand6つかみ通話可能になりましたが、もう一台は、掴みませんでした。??
    ただ、共に、Network Signal GuruではBand6 Ok
    Network Signal Guruでは通話、通信可能の判断はできないですね。
    出張から帰り次第に
    二台を比べて探求します、
    通話可能の方はグローバルRom、、
    だめは、xiaomi.eu

    • GO より:

      日々精進様
      検証ありがとうございます。
      自分のMi6・Mi Max2はBand6はつかめないようです(泣)
      こちら↓で書いてみました。
      https://bey.jp/?p=52453
      両方ともXiaomi.euなのでそれが影響しているようですね。

  9. 匿名 より:

    管理人さんはmi6での日本バンド全対応化は成功したのでしょうか?

  10. ぴくる より:

    こちらのサイトを確認しながら私もやってみました。
    元々有効になっていたバンドはそのままに、に3キャリア全てで有効にしました。
    sim1 iijmio sim2 ymobile で動作確認しました。
    VOLTEは、ymobileでは動作してます。(当然でしょうか?)
    iijmioでは、LTE band1と3で動作していることは確認しました。

    • GO より:

      ぴくる様
      検証ありがとうございました!!
      とりあえずは対応できているようですね♪
      対応してないBANDなどありましたら教えていただけると助かります。
      自分もBAND6(ドコモ プラスエリア)がやはり有効になってないようなので検証中です。
      後ほどまとめて記事でご報告します。

  11. 日々精進 より:

    >後ほどご指導とおりに~
    やめてください、私自身がいつも教えて頂いているのに、、(>_<)
    それと、書き込んでいるときにQToolのlogを見てください、
    エラーがあると当然どこかに問題が出ていますので、

    QToolの詳しいマニュアルでもあればよいですね~

  12. 日々精進 より:

    こちらに書いてみました、確認はできています、

    • GO より:

      日々精進様
      ありがとうございます!!m(_ _)m
      さすがです!
      後ほどご指導とおりに検証してみます。

  13. 日々精進 より:

    >> VOLTEが表示されているときに電話を掛けると、ネットワークエラーで繋がらなくなります、
    この件に関しては、公式ROMにはVOLTEのon offがありますが、xiaomi.euにはありません。
    xiaomi.euのフォーラム??でVOLTEでは、受けれない、繋がらないとあるので
    もうしばらくアップデートを待ちます。VOLTEのバグみたいに書かれていますが、
    Mi5のVOLTE情報お持ちであればお教えください。

    DFS toolに関しては光明??が見えてきています、試して問題なければご報告します。

    • GO より:

      日々精進様
      VOLTEそういうことですね。
      VOLTEの情報は特にありません。お役に立てずすみません。
      おぉ!うまく行きそうですか?

  14. 日々精進 より:

    DFS 17.07.12.00でMi5書き換えをやってみました、結果はNetwork Signal Gurではwcdmaは
    BAND追加できず、掴めるものがLTEは B01のみとなってしまいました、
    VOLTEが表示されているときに電話を掛けると、ネットワークエラーで繋がらなくなります、
    電話が繋がらなくて困るので、今は、[3G優先]で一時しのぎをしています。
    それと、当方英語が不確かなので、よろしければ確認をしていただきたいのですが
    Goさんの、QToolのlogを一度確認していたでけませんか?
    QToolでreadではBANDは増えていますが、Network Signal では増えていません、
    ???な状況です。
    QToolはデモだけしてるのでは??と疑いたくなります。

    • GO より:

      日々精進様
      テストしていただきありがとうございますm(_ _)m
      スミマセン、いつもは暇なのですが(汗)こういう時に限って本業のほうが忙しくなってしまったのでBAND検証はできずにいます。後ほど検証してご報告します。

      電話がつながらない場合は、試しにSIMの場所を変更してみてください。
      Mi Max2はなぜかSIM2のNanoSIMに刺すと音声電話が使えませんでした(汗)SIM1に刺すと音声電話可能。これはBAND書換前からの症状でした。

      はい、自分もMi Max2のNetwork Signal Guruで見たところ・・・プラスエリアのBAND6が!表示されません!どういうことだろう?
      もう少し調べていくしかなさそうです。
      日本BAND全対応化の道は険しそう(汗)

  15. 匿名 より:

    root取得は、Network Signal Gurを使うために必要なだけで、
    バンド書き換えには関係無いと思います。
    以前から他のサイトで取り上げている方法と変わり無いようで、
    完全には書き換え出来ないようです。

    • GO より:

      いえ、rootは必要です。
      コマンドプロンプトでadb shellしてsuする必要があるので必要でした。
      その後、QToolでBAND設定できるようになります。
      そうですね。書換できないBANDがあるようです。

  16. あーたん より:

    mi5で公開してある通り試しましたがlteband19を始め電波掴みませんでした。やっぱりrfnvファイルが必要なのか?Network Signal Gurをつかい確認しました

    • GO より:

      あーたん様
      ありがとうございます。
      Enableになっていても対応してないBANDががありそうで、もう少し研究が必要そうですね。

  17. 匿名 より:

    mi5で試しました、Network Signal Guruでのバンドは増えていましたが、lteの最初から対応の1バンドは掴みますがそのほかのlteバンドは無理でした。

    • GO より:

      ありがとうございます。
      やっぱり完全には対応しないようですね(汗)
      もう少し調べてみます。

  18. Seiji より:

    Xiaomi様からご指摘があったので、早速使ってみました。
    Network Signal Guru
    結果としては、
    DTI SIM WCDMA B5 850
    DTI SIM LTE B1 2100
    DTI SIM LTE B3 1800 CA
    UQMobile MultiSIM B41 TDD 2500 CA
    にて接続しました。
    写メの上げ方がわかりませんm(_ _)m

    残るCDMA BC0 (A/B)も続けて確認したいと思います。

    • GO より:

      Seiji様
      ありがとうございます。
      Xiaomi Mi6の結果は明日か明後日あたり記事にまとめて画像もアップさせていただきます。
      ご協力ありがとうございますm(_ _)m

  19. Xiaomi より:

    電子レンジではなくNetwork Signal Guruで検証するのが確実だと思いますよ
    あと、一見Bandが追加できたように見えても実際には通信ができないことが多いようです…

    続報待ってます!

    • GO より:

      Xiaomi様
      アハっ!Network Signal Guru試してみます♪
      有力情報ありがとうございます。

  20. Seiji より:

    お疲れ様です!
    MiMax2はSoCがSD625で、今回のDFSがきちんと対応していたようですね。
    今後新しく登場するSDになにか対策などが施されたりしなければ、ツールの対応で色々できると思います。
    さらにXiaomi端末はLTEのデータ(NV等)を可能な限り搭載してくれているので、安心していろんなゴニョゴニョができますね。
    あ!まだあのテストをしてないので、やってみます。
    その前に電源コード抜かないとですね(汗)間違ってスタートボタン押してもいいように(笑)

    • GO より:

      Seiji様
      ありがとうございます。お陰様でMi Max2もうまくいきました♪
      今度はMi6帰ってきたのでやってみます。
      root取ればOnePlus3Tとかも出来るのかしら?調べてできるようだったらやってみますね。
      あと、電子レンジはご指導通り窓のほうに移動して再度チャレンジしてみます。電源入れっぱなしでスイッチ押したらエライコッチャになりますので(汗)一応外します。

タイトルとURLをコピーしました