【5.5インチ世界最強ハイスペック中華スマホ】OnePlus 3T レビュー OnePlus 3との比較・Android 6から7へOxygenOSの違い

前回は筐体を見たので今回はOnePlus3Tの内部をみていきます。

こちらアップデートが降りてきていて、ついAndroid 6から7へアップデートしちゃったのでOxygenOSのAndroid6と7の違いなども少し書いてみます。

Android7は細かい部分がかなり変わっているようですが、細かい部分のみなので 6 を使っていればすんなり入っていけるような気がしました。

Xiaomi Mi MIXは違うジャンルでナンバーワンなスマホですが、こちらはスマートフォンというジャンルの中で2017/1の世界最強ナンバーワンだと個人的に思っているスマホです。

OnePlus 3T 裏面 上から光

動物で例えるとOnePlus3Tが百獣の王「ライオン」で、Xiaomi Mi MIXが「ゾウ」といった感じでしょうか?(あくまでイメージです汗)

デザイン・スペック・機能、どれをとってもスマホ界の正統王位継承者でしょう(個人判断です汗)

よけいな戯言はいいので中身を?・・・あっ、はいスンマセンm(_ _)m

OnePlus 3T 商品画像

OnePlus 3T

OnePlus 3T スペック

旧型のOnePlus3と何度もスペックを比べても楽しくないので今回はこちらも世界最強な部類のXiaomi Mi MIX・Motorola Moto Zと較べてみましょう。

OnePlus 3T Xiaomi Mi MIX・Motorola Moto Z 裏面比較

Mi MIXのほうが欲しい方が倍以上いるようで、人気がありそうです。違いは・・・まったく違うのですが、挙げてみますとMi MIXのストレージが128GB/256GBとOnePlus3Tの倍から4倍ほど多い、メモリはMoto Zが4GBと他2種と比べて低い。

OnePlus 3T Xiaomi Mi MIX・Motorola Moto Z 裏面 斜めから

解像度はMoto ZがWQHD(2560x1440)とダントツ高いのですが、肉眼ではあまり差はないように感じました。

パネルはOnePlus3TとMoto Zが有機EL、Mi MIXがTFT液晶ですがこちらも肉眼では判別できず、あと強化ガラスのゴリラガラス4がOnePlus3T、ゴリラガラス3がMoto Z、Mi MIXはノーマル。

カメラはMi MIX・OnePlus3Tともにリア1600万画素で、OnePlus3Tはフロントも1600万画素と自撮り女性もターゲットにしてます。

Moto Zも1300万画素ですがこれでも十分に良い画像が撮れるようです。個人的な感想ですが今のところOnePlus3・OnePlus3Tが一番キレイな画像が撮れるスマホだと感じています。

OnePlus 3T Xiaomi Mi MIX・Motorola Moto Z 裏面 少し上から

どれも2017春の世界スマホランキング ベスト10位以内には入りそうなステキなハイスペックスマホたちです。

OnePlus 3T Xiaomi Mi MIX・Motorola Moto Z 平置き 斜めから

それとディスプレイサイズが6.4インチとOnePlus3Tや通常のスマホサイズの5.5インチよりもかなり大きいディスプレイなのに5.5インチのスマホとそれほど変わりない。3方狭小ベゼルなMi MIXのトンガッた特徴が素晴らしい。

左:Moto Z・中:OnePlus3T・右Mi MIX

左:Moto Z・中:OnePlus3T・右Mi MIX

画像OnePlus 3T Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアスキスキスキXiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアスキ文鎮スキMoto Z(XT1650-05) Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コアスキスキ
機種名OnePlus 3TXiaomi Mi MIXMoto Z(XT1650-05)
メーカーOnePlus527Xiaomi456LENOVO455
キャリアSIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値▶

Banggood

6GB/64GB$372.99

Banggood

4GB/128GB$369.99

GeekBuying

6GB/128GB$465.99

Banggood

6GB/256GB$485.89

GeekBuying

6GB/64GB$369.99

GeekBuying

8GB/128GB$602.99

Banggood

4GB/64GB$168.99

GearBest

6GB/128GB$1600.23
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

★評価

評価

評価4.6:2人

評価4.7:1人

Wish
31
194
69
48
363
74
51
50
15
OSAndroid 6,OxygenAndroid 6,MIUI8Android 6
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアSnapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア
メモリ6GB4/6GB4GB
ストレージ64GB128GB/256GB64GB
ディスプレイ5.5インチ6.4インチ(17:9 MIX)5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)2040x1080WQHD(2560x1440)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス42.5Dゴリラガラス3
パネル有機ELTFT有機EL
画素密度401ppi361ppi534ppi
バッテリー3400mAh4400mAh2600mAh
フロント カメラ1600万画素500万画素500万画素
リア カメラ1600万画素1600万画素1300万画素
重量158g209g137g
サイズ 縦x横x奥行15.27x74.7x7.4mm158x81.9x7.9mm155.3x75.3x5.2mm
SD--MicroSD(最大2TB)
BluetoothV4.2V4.2V4.1
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),1900(2),850(5),1900+(39),2000(34),CDMA1X 800(BC0)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),1900(2),1800+(3),850(5),900(8),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),2600(7),1800(3)
価格調査OnePlus 3T
価格調査
実測値Antutu:166656
Geekbench:Single 1905 / Multi 4352
RAM:16785.00
Memory:Read 428.83/Write 179.28
Antutu:143813
Geekbench:Single 1821 / Multi 4302
RAM:17033.88
Memory:Read 511.84/Write 252.09
Antutu:133423
Geekbench:Single 1482 / Multi 3875
RAM:13174.63
Memory:Read 298.58/Write 141.48
SD:Read 286.76 / Write 144.01
備考・特徴CDMA EVDO: BC0
TD-SCDMA : Bands 34/39
TDD-LTE Bands 38/39/40/41
レビュー
カラー・バージョン表示

その他のOnePlus機はこちら「中華スマホOneplus機種 スペック一覧」をご覧ください。

OnePlus 3T アプリ・機能

日本語表示

まずはSettingsを起動して日本語表示にしましょう。

Settings > Language & input > Language

ホーム画面

Never Settle=決して満足しない(多分)の壁紙、OnePlus3Tはホントに妥協のない完成度だと思う。

ホーム画面の左側が「シェルフ」と呼ばれる情報画面、使い込めば便利なのかもしれませんが自分は有効活用できていません。

シェルフはオフにすることもデキます。まずはホーム画面で空いている場所を長押しして、上左の画面になるので「カスタマイズ」を押す、Gestureが出て来るので「シェルフを有効化」をオフにするとシェルフが表示されなくなります。

アプリ一覧

アプリはデフォルトで28個入ってました。

アップデートでAndroid 6から7に

OxygenOSのアップデートが来たのでやってみることにした。

下左画像がAndroid6のアイコン、下右がAndroid7のアイコン

OxyenOSは4.0.2にアップデートされてる。パッと見はほぼ変わらず、細かい点が変更されてました。

設定アプリ以外は特に見た目変化はなさそう。

通知パネル

このトグルの表示↓多分Android7での表示だと思うのですが、アップデートしてないAndroid6の状態で以下のような通知パネルの表示でした。

新しくなった通知パネル

1回下スワイプで日付の下にアイコンが左右に広がって2回下スワイプでもアニメーションが変わって配置も変わった。

OxygenOSのほうで先に変更したのかどうかは分かりません。

Android 6 の通知パネル

Android 6 ↓と比べてみましょう。

下の画像は旧型のOnePlus3 Android 6 の通知パネル、1回下にスワイプで左に時刻・日付、右にWifi・SIM・バッテリ残量が表示されます。

右スワイプでトグルを全部表示させられる

2回下スワイプすると最大9個のトグルが表示できるようになります。編集するとさらに全部のトグルを表示させるように設定もできます。

ただし、10個目からのトグルは右スワイプでページ移動して表示させる。

現在はトグルが19個しかなかったので3ページ↑になりました。

それと、トグルで変なのがありましたので遊んでみました。

GPUレンダリングのプロファイル作成

このトグル、何に使うのか全く分かりませんがディスプレイをタップしたりスワイプしたりするとコノ↓ようなキレイな棒グラフが表示されます。

多分システム開発者用でしょう。

OnePlus 3T GPUレンダリングのプロファイル作成

レイアウト境界を表示

こちらは完全にAndroidシステム開発者用だと思います。MIUIやOxygenなどのAndroidベースのOSのカスタマイズに使うものでしょう。

OnePlus 3T レイアウト境界を表示

設定

こちら↓はAndroid 6の設定画面

Android 7にアップデートすると以下のようになります。

各項目の下に現在の状態などが表示されるようになりました。

端末情報

こちら↓はAndroid6 OxygenOS 3.5.3のときの端末情報

Android7にアップデートした時の端末情報↓OxygenOSも4.0.2に変わってます。

画面のキャリブレーション

Android 7の目についた機能として画面のキャリブレーションが追加されていました。

こちらで画面の色味を変更できます。

たまにディスプレイの個体差かなにかで黄色く表示されるディスプレイに当たる場合があるようですので、その場合はこのキャリブレーションを変更すれば良さそうです。

東洋人の場合は青っぽいディスプレイを好み、西洋人は黄色っぽいディスプレイを好む傾向があるようですヨ

設定 > ディスプレイ > 画面のキャリブレーション

こちらを設定するには「おやすみモード」をオフにする必要がありました。

こちらの「画面のキャリブレーション」は多分OnePlusのOxygenOS特有のものでしょうけど純正なAndroid7も多分あると思いますが、まだ未調査です。(ちょうどXperia XZが来たのでAndroid 7にアップできたら調査してみます。)

既定・sRGB・カスタマイズの3種類の色味を変える方法がありました。カスタマイズ以外は選択のみですね。カスタマイズもボリュームでだいたいの色温度を選択するのみになります。

上のスクリーンショットでは変更しても色味が変わらない(当たり前ですが)ので実際にディスプレイを撮影してみました。

うまく撮影できないのであまり変わりが分からないかもしれません。

Swiftkey

デフォルトでSwiftkeyが入っていた。

SwiftKey Keyboard
SwiftKey Keyboard
Developer: SwiftKey
Price: Free

このキーボードはなかなか使いやすいですね。コレがあればGoogle日本語入力必要なさそう。

中国語の他に何故かヒンディー語があるということはOnePlus3Tはインドにも出荷しているのでしょうか?OnePlus3は日本以外の世界的に人気機種だからなぁ、

カメラアプリはRAW保存できる

旧型OnePlus3のほうもRAW保存できましたが、OnePlus3TもRAW保存できるのでプロな方はお使いいただけます。

OnePlus 3T RAW保存

ベンチマークテスト

AnTuTu

Antutu166千行きました!すごい速いけどスピードについて他機種と差が体感できない。

重い?ゲームとかやれば違いが出てくるのかなぁ、自分の使っている範囲では他のハイスペックスマホも全くもたつきを感じられず拍子抜けする。重い動作というのを探せたら比べてみます。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

OnePlus 3T  A1 SD Bench

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

OnePlus 3T 使ってみた感想・まとめ

OnePlus3T・Xiaomi Mi MIX・Mi Note 2・Mi5S Plus・Motorola Moto Z・LeEco Le Pro 3 X720・Huawei Mate 9のどれかが現在世界最強なスマホだと思います。

その中の一つとしてOnePlus3Tも世界最強レベルのスマホで自分としてはナンバーワンだと思っています。

2番目に最強スマホと思っているXiaomi Mi MIXもスゴイんですけど電話として1回使った時に耳にスピーカーがない(上部にあって聞きづらい)ので使いづらいと思った。それとMIUIのショップROMがおかしな挙動する時があって(ディスプレイを自動で真っ暗にしちゃうとか)完全では無いのでグローバルROMに変更するしかなさそう。と、デザイン・機能は他にない特徴があるが多少の問題がある。

対して、OnePlus3Tは標準的なスマートフォンの本来あるべき形と機能を突き詰めた完成された中華スマホで、やはり安定感があって電話としてもコミュニケーションツールとしても長く使えそうな機種、加えてカメラ性能もiPhone7には負ける?か分かりませんが今持っているスマホでは一番キレイに撮れる。

OnePlus 3T 背面 右光

世界最強レベルなハイスペック中華スマホでした。

OnePlus 3T

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. 匿名 より:

    3T良いですね。
    ちなみに無印3もAMOLEDディスプレイで、
    ゴールドカラーも有りますよ。
    綺麗な写真が沢山でとても参考になりました。

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      3T良いですよ♪
      はい、3も多分有機ELかとは思いますが、スペックになかったもので、
      お色もゴールドあるようですが出回ってなく実質的になさそうなので。
      参考にしていただけると嬉しいです♪

  2. yuu より:

    3t欲しいですね〜
    メイン端末として買おうと思っているのですが音ゲーやるに当たって音ズレとかはありますか?(スクフェスとかデレステとかです)

    • GO より:

      yuu様
      コメントありがとうございます。
      音の遅延は感じたことはありませんでした。(スマホとは関係ありませんがBluetoothイヤホンとか使うとBluetoothの影響で遅延します)
      ただ、以前同じようなご質問をされて調べたことがあります。
      https://bey.jp/?p=29948
      こちらはOnePlus3などを調べました。
      プロの音楽家など厳密にLatencyを気にされる方はiPhoneのほうが良いようですね。
      自分は動画などを見てもどのAndroidスマホでも全く遅延を感じたことはありませんのでゲームをやる場合は気にならないかとは思います。

  3. yuu より:

    なるほど
    やっぱりiPhoneは強いですね〜
    まぁ自分は普段使いしかしないので大丈夫そうです
    回答ありがとうございます<(_ _)>

コメントを残す